オンラインショップ掲載のお知らせ

たくさんお問い合わせをいただいておりました広瀬佳子さんのうつわを、

明日、1月28日(日) 21:00
オンラインショップにアップします。

また、銀化鉄釉という金属のような釉薬が美しい木村年克さんのうつわも同じタイミングでアップします。
※広瀬さんのうつわは在庫が限られております。お一人様3点まででお願いいたします。
(洋皿のL1点、S5点、フリーポット1点 全て白です。)
どうぞ宜しくお願いいたします。

 

広瀬佳子さんの器に関しまして

たくさんのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。

再オープンに合わせ、11月20日(月)より販売させていただきます。

今回の納品は洋皿の白色SMLです。
11月の営業日中にお店にお越しいただける場合に限り、お取り置きさせていただきます。
(先着順になりますのでご了承ください。)

点数制限は考えておりませんが、できるだけたくさんの方にお届けできたらと思いますのでご配慮いただけましたら嬉しく思います。

オンラインショップには店頭販売後しばらくしてからの掲載を予定しております。事前にホームページとインスタグラムで告知いたしますので宜しくお願いいたします。

追記
M、Lサイズの価格が変わりました。
税込み価格
S ¥2160
M ¥3024
L ¥4320
です。

宜しくお願いいたします。

NOTHING PASSIVE 学校用品展 ありがとうございました

今週月曜日から始まりました、NOTHING PASSIVEの学校用品展ですが、
本日で終了いたしました。

期間中お運びいただき、またお買い上げ、オーダーいただき本当にありがとうございました。

お子さまの大切な節目にNOTHING PASSIVEをお使いいただき、本当に感謝しております。

BIRD ORIGINでのオーダーのご予約は本日で終了いたしましたが、3月末までのお渡しの最終オーダーは、今週末26日(日)佐まじさんでの出店までお受けしております。
(イベントの詳細はblogの一番下をご覧ください。)

現品の販売は引き続きお受けしておりますので、気になるものがありましたらNOTHING PASSIVEのインスタグラムダイレクトやBIRD ORIGINまでお問い合わせくださいませ。

※価格について
生地の種類、裏地の有無、生地の切り替えの有無により、価格が変動します。
また手提げ&シューズ入れなどセット販売しているものは、セットでのご購入がお得です。

【ストライプシリーズ】
元気カラーのストライプですが、生成りの生地で柔らかい印象に仕上がっています。■体操服入れ

■お弁当袋&コップ入れ

【ブラック×ドットシリーズ/ピンク×ドットシリーズ】
大きくなられても使いやすい、少し大人っぽいデザインのシリーズです。 ■通園バッグ、シューズ入れ

通園バッグは側面に便利なポケットが付いています。

【ピンクリボンシリーズ】
リボンが目を引く、とってもキュートなシリーズです。
ちらりと見える白黒のストライプが引き締め役です。■通園バッグ、シューズ入れ

 

【バナナ(ナチュラル)シリーズ】
生成りの生地にくすんだイエローが少し大人っぽいバナナ柄です。■通園バッグ、シューズ入れ
■お弁当袋&コップ入れ

【ミニバナナシリーズ】
小さいバナナがいっぱいのバナナシリーズです。■体操服入れ
裏地もバナナ!

■お弁当袋&コップ入れ、フキン

【くまさんシリーズ】
のほほんとしたくまさん柄。ときどきリボンを付けたおしゃれさんがいます。■体操服入れ

■お弁当袋&コップ入れ、フキン

【コーヒー豆シリーズ】
可愛いコーヒー豆柄。大人の方のお弁当入れにも。
■お弁当袋&コップ入れ、フキン

【ミモザシリーズ】
口元の黄色がアクセントです。
■お弁当袋&コップ入れ

【ブラックチェックシリーズ】
手描き風ラインのチェック柄。少し大人っぽい印象です。男の子にも。
■体操服入れ

■■お弁当袋&コップ入れ&フキン

【サッカーシリーズ】
サッカー好きのお子さんならきっと喜んでくれるハズ!■通園バッグ(サッカーボールの部分がポケットになっています)、シューズ入れ

■お弁当袋&コップ入れ、フキン

【カラーシリーズ】
こちらはシンプルなワンカラータイプ。
姉が甥っ子の入園のためにつくりました。
ワンカラーですが切り替えを付けたり、ポケットを付けたりすることで、
のっぺりした印象にならないようにしてあります。
どのアイテムにもお名前が入れられます。

【ラブリーシリーズ】
真っ赤なハートやピンクのフリフリがついた、とっても女の子らしいシリーズ。
こちらは姉が姪っ子の入園のためにつくりました。***********************************
そして、今週末は恒例の佐まじさん、ご近所出店。
今回BIRD ORIGINは出店させてもらわないのですが、newメンバーの出店もあります。
いつも平日の開催でしたが、今回は日曜日です。ご家族でぜひぜひ行ってみてください!

はなのえんさんのビッグリースをフレームにして、 素敵な写真も撮ってもらえますよ!
撮影はお友達のアノヒ写真館ちゃんです。

カリィさんの美味しくて安心して食べられる、無農薬野菜の販売もあります。

はなのえん野田幸江さん ドライフラワー展示販売会のお知らせ

水口で昔から地域の方に親しまれているお花屋さん『はなのえん』さん。

来週一週間、はなのえん、野田幸江さんの作られたドライフラワーやリースの
販売会を行います。

期間終了後も継続して販売しておりますが、全て一点ずつ違いますので、
お早めがおすすめです。

フレッシュな葉のリースも数点ですがあります。
生のリースの色や香りを楽しんだ後、ゆっくりとドライになっていく姿を
お楽しみいただけます。

たくさんの方に見ていただけましたら嬉しく思います。
お待ちしております。

 

『はなのえん野田幸江さん ドライフラワー展示販売会』

2月13日(月)~17日(金) 9:30~16:00

 

********
BIRD ORIGINインスタグラムより

一般的にドライフラワーでよく目にする植物だけでなく、
素材にするには見落としてしまうようなもの、

稲の根っこ、花弁が全て散り花柱のみになった花…

そんなものでさえ、幸江さんの目には美しく映り、それを素材にされることで、
植物の美しさを、私はいつも再認識させてもらっています。

ご実家が30年以上続くお花やさんの幸江さん、
実は素晴らしい絵を描かれる画家さんなんです。

彼女の世界観を、お花を通してこれから見ていただきたいと思います。

********

『NOTHING PASSIVE ふゆのぼうし展 急遽開催』のお知らせ

こちらでのお知らせが大変遅くなってしまいました。
明日から『NOTHING PASSIVE ふゆのぼうし展 急遽開催』が急遽開催です(笑)

日時 12月26日(月)、27日(火)、28日(水)
9:30~16:00

BIRD ORIGINにて
〒528-0007 滋賀県甲賀市水口町新城336
TEL 0748-69-5110

img_0034 img_0045 img_0055 img_0058 img_0065 img_0070 img_0122 img_0125 img_0131 img_0134

img_0093夏場の日よけか冬場の防寒としてぐらいしか、普段あまり帽子を被らない私。
でもたまに被ると、ちょっと気持ちが違いますね。

ってこれは私じゃないですよ(笑)
私に似ている人です(笑)

様々な帽子がたくさん並びます。
いろいろ被ってお似合いのものを見つけてもらえたら嬉しいです。

そして、先日より入荷いたしました、orumina kiln櫻井美奈子さん、
広瀬佳子さんのうつわ、岩手からようやく入荷しました竹細工
(こちらはほんの少しですが)も並びます。

img_0020また、いつもお世話になっている水口のお花屋さんはなのえんさんの
お正月飾り、餅花の販売もおこないます。

20161225_120834イベントは明日から3日間です。
たくさんの方にお越しいただけますように。

宜しくお願いいたします。

佐々木知子さんのカレンダー

先日とても嬉しいご縁がありました。

「アノヒ写真館」として活動を始めた地元の友人から、

写真家の「季節写真室」佐々木知子さんを紹介してもらいました。

 

友人と佐々木さんは同じ大学で写真を勉強していた頃からの親友で、

この度佐々木さんが製作されたカレンダー「台所と風景」が出版され、

嬉しいことにうちで販売させてもらえることになりました。

 

img_9443

このカレンダーは高知県の布作家早川ユミさんと、

ご主人の陶芸家小野哲平さんのお家を、台所を中心に、二年間にわたり、

時には生活を共にしながら間近で撮り続けられたものです。

 

飾らない日常の生活風景がとても美しく、窓から射す光、やかんからの湯気、

野菜や果物のみずみずしさなど、、、

写真を見ていると季節ごとの空気を肌で感じているような心地になります。

 

毎月添えられているユミさんの言葉からは、その季節の自然や動植物を

優しく見つめ、寄り添い楽しみながら生活されている様子が感じられ、

あたたかく幸せな気持ちになってきます。
img_9444img_9445img_9446img_9448img_9449img_9450img_9451img_9452img_9454img_9455img_9456img_9457

佐々木さんが、昨日友人と遊びに来てくださいました。

お話させてもらい、心からユミさんの台所が好きなんだなぁというのが

伝わってきて、そんな真っ直ぐな想いで作られたカレンダーがますます

好きになりました。

img_9478

これくらいの大きめサイズです。

価格は¥1,836(税込)です。

在庫が少なくなってきているそうなので、追加注文できないかもしれません。

数に限りがありますので、気になる方は是非見にいらしてください。

オンラインショップでも販売します。配送も可能です。

(クロネコメール便¥164での配送になります。)

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

●「アノヒ写真館」若林美智子さん

・インスタグラム

https://www.instagram.com/osaosan/

 

●「季節写真室」 佐々木知子さん

・ホームページ

http://tomokosasaki.blogspot.jp/

・インスタグラム

https://www.instagram.com/kisetsu_s_/

松本の旅 一日目

この週末は、長野県松本市で行われているクラフトフェアまつもとに行ってきました。

このイベントは毎年五月に行われる、全国各地のクラフト作家が集まる野外工芸展で、今年で32回目になるイベント。

8年ぐらい前に仕事で当時のオーナーさんに連れて行ってもらって以来、久々の松本でした。

20160528_105448

久しぶりのこの空気。前へ前へと焦る気持ちを静めつつ、今回はじっくり、ゆっくり見て回りました。

お世話になっているお櫃のゆかい社中さんが出展されていたり、知り合いの作家さんに数年ぶりにお会いしたり、たくさんの方にお会いできて、とても良い一日になりました。

 

*****

 

実は、今年の夏ごろ、実店舗を開こうと思っています。
店舗、と言うと大げさですが、住まいの一部、玄関先を一部改装してなので、
本当にわずかなスペースになるのですが。

欲を言えば、色々思うところはあるのですが、まずは身の丈にあったやり方で、出来ることから、、、でもその中で最良のものをつくりたい、という思いです。

 

これまでイベントやオンラインショップで生活用品、雑貨、古道具などの販売をしてきましたが、
お店という場所ができたらずっとやりたいことが、クラフト作品を扱いたい、
ということでした。

オンラインショップはありますが、これに関しては背景をしっかり伝えて責任を持って販売したいという思いがありました。
もちろん、その他のものも、同じ気持ちで販売しているのですが。

あと、買ってくださる方に、”感じて”買ってもらいたいから、というのがありました。
世間で評判が良くても、自分がネットや本などで見て良いなぁと思っても、
実物に触れたとき、しっくりこないことはよくあります。

重さ、厚み、質感、微妙な色・・・
手に持った時の指のかかり具合、手の平の中での納まり・・・
情報や目で見ただけでは意外と判断がつかないとが多いなぁと思います。

それは、そのもの自体が良い、悪いということではなく、自分とは合わなかったということだと思います。

人は一人ひとり違うから、同じ感性や感覚で一つのものを良いと思うことは不自然なことだと思っています。

でも、世の中にはいつも流行があります。
それで成り立っているビジネスもあるから仕方ありません。
特に今は情報が溢れかえっているから、それらを意識し過ぎてしまうと、人の感覚を自分の感覚のように錯覚してしまいがちです。

そんな風潮だからこそ、せっかくやるなら余計な情報を遮断して、自分の感覚でやってみたい。
とは言っても、自分なんて大した感覚ではないから、笑われることも、非難されることもきっとある、、、
でも、そういうやり方しか自分にはできない、、、

ものの歴史や知識はたくさん勉強しないといけない。
そして、他人のセンスや誰かが作った見せかけの中に安心して居るのではなく、
自分の目で確かめて真実の中で仕事をしたい。
自分の影と同じように、それが自分と一体であること。理想を追い過ぎて、自分とかけ離れていないこと、、、

長々と書いてしまったのですが、そんな訳で、今回は良い出会いがあれば、という思いで松本に行きました。

ものも、作っている方も含めての作品。
やはり作っている方に会いたい。

とても心に響く方がおられました。
本来ならば、作品を買って、使ってからお願いするのが筋。
しかし、次直接お会いできる機会がいつになるかわからなかったので、
今回無礼を承知でお話させてもらいました。
自分のことも知ってもらった上で、お返事もらいたかったので、
後日のお返事をお願いしました。

結果はどうなるかわかりませんが、少しずつ自分が納得しながら進めていけたら、と思っています。
良いお返事がいただけるよう祈るばかり、、、あぁどうなることか(+_+)

20160528_121256不思議なパフォーマンスもあったり。

 

そんなこんなでクラフトフェアを満喫し、次はこの週末クラフト一色の松本の街へ。

六九クラフトストリート、こちらもとても良かったです。

20160528_182034

そして、これに参加出店されていた、小林和人さんのお店に行き、初めてお話しさせてもらって、大感激!
『ファンなんです!』というと笑っておられました。
穏やかな雰囲気、商品の説明、たわいもないエピソード、、、
一人ひとりにこんなに丁寧にされているんだろうな、どんなに有名になっても、ずっと変わらない方なんだろうな、というのが滲み出ている方でした。

そして、日が沈むにつれ、私の緊張は高まり、、、
ゆかい社中の池上さんのはからいで、木工作家の井藤昌志さんのお店で夜に開かれるお食事会に誘っていただいたのです。

”場違いすぎてバチあたる”(このダジャレ心の中でリピート何回したか、、、)

そう言えば、井藤さんの作品を初めて見たのは八年前のこのクラフトフェアの後東京に寄った時のことでした。

あるギャラリーのカフェで使われていたのが井藤さんの家具で、なんて格好良くて綺麗なんだろうと思いました。

そんな井藤さんが目の前にいて、私のこんな小さな活動の話をうん、うん、と聞いてくださっている。
そう思うと、久しぶりのビールの酔いとその状況に、だんだんと現実と思えなくなってきていました。

そして、いつもはなかなかゆっくりお話できない池上さん、桶職人の原田さん、そして、safujiさんというお名前で革の作品を作られている沢藤さんと、
たくさんの良いお話をさせてもらえて、あぁ、今回本当に松本に来て良かった、
と思ったのでした。

そして、そろそろ帰りましょうか、、、と席を立とうとしたした頃。

 

 

小林さんがキターーー!!

そんな想定外の出来事がたくさんあった一日目なのでした。

二日目につづく、、、

20160528_192307井藤さんのお店、ラボラトリオ。

 

山本勝之助商店さん

和歌山県に山本勝之助商店さんという、棕櫚(しゅろ)製品を作られている会社があります。

明治13年(1880年)創業の大変歴史のある会社で、

世界遺産の高野山の山麓で生産する山椒などの薬味製品や、棕櫚皮を原料とする特産家庭用品を製造されています。

「 時代が変わっても変わらないもの

変わってほしくないもの

守りたいもの」

そんな想いを持って、昔から使い続けられてきた製品を作り続けておられます。

 

そして、この度念願かなって、山本勝之助商店さんの棕櫚製品をお取り扱いさせていただくことになりました。

少し長くなりますが、棕櫚製品のことについて書かせてもらいます。

(文章は主に山本勝之助商店さんのHPからお借りしています。)

【棕櫚について】
棕櫚はヤシ科シュロ属の常緑樹で南九州原産で日本国内の暖かい地に見られる
南国的な雰囲気を漂わせる樹木です。

和歌山県紀美野町は室町時代から昭和まで、スギやヒノキに覆われるまで棕櫚の群生地でした。

しかし、今では国内産の上質な棕櫚は手に入らず、
原材料を半製品の形で中国より輸入し、地元の棕櫚職人により仕上げることで、
コストを抑え、実用性を保った商品にしています。

【棕櫚製品について】
棕櫚製品の特長
・安心・安全・エコロジーな天然素材
(熱帯産パームより柔らかで強靭)

・天然色の落ち着いた風合い

・手作り職人の熟練の技による機能的な造形美

棕櫚の繊維は細てく柔らかい繊維なのにコシがあり、数十年たってもほとんど劣化せず性質が変わらない、
安全で長持ちな素材です。

普通の植物繊維は水に触れると腐り易くなりますが、棕櫚の繊維は、それ自体に油脂をたっぷり含んでいるので耐水性があります。

化学繊維のような静電気も起きません。

それゆえ、箒や束子の素材に適したの天然素材なのです。

【束子について】
<用途>
・調理器具洗いに
食器、木製品、ザル、鉄なべ、ホーロー、ステンレス、
テフロン加工されたものなどの洗浄に。
傷が付きにくく長持ちします。

・アウトドアに
洗剤なしでも食器の汚れを洗い流すことができます。
油汚れをスポンジで洗うと油がスポンジに付きベトベトになりますが、棕櫚束子ならさっぱりと水洗いだけできれいになります。

・野菜の泥落としに

・お掃除などに
お風呂のタイル目地の掃除、靴の汚れ落とし、
籐かごなどのホコリ取りや艶だしに。

・お風呂でボディブラシとして
水につけると柔らかくなり、体まで洗えてしまう優れもの。肌がつるつるになります。
(お子様やデリケートなお肌の方には向きません。)

【箒について】
棕櫚の箒は細かい塵や埃を良く集め、柔らかく腰があり摩擦に強く、畳や床を痛めません。

また、繊維に含まれる天然の油分にはワックス効果があり、木造校舎の廊下のように掃き続けると艶が出てきます。

棕櫚の繊維はほとんど劣化せず長年にわたって性質が変わりません。
30年以上使われている方もおられます。

是非お試しいただけたら嬉しいです。